結婚式アルバムへのこだわり 結婚式アルバム和柄なら京都綴りや

TEL.075-255-0088
11時〜19時(土日祝定休)
  • よくある質問
  • ブログ
メールでのお問い合わせ

結婚式アルバムへのこだわり

HOME >  結婚式アルバムへのこだわり

つづりや 店舗紹介

「つづりや」のアルバムに使われる素材は既製品ではなく、
代々受け継がれてきた伝統工芸の素材を使用しています。
近年、印刷技術も高度になり様々な商品が世の中にあふれていますが、
職人により一つ一つ丹精込めてつくられたオンリーワンなアルバムを
お客様にお届けすることが私たちのこだわりです。

塩瀬

塩瀬とは、生地の名前です。
よこ糸を太くして織った羽二重(はぶたえ)風の絹織物。
帯を染めるときによく用いられる帯用の生地です。
張りがあり締めるときっちりとしてよく締まり、
気持ちの良い帯地で着物好きな方々に好まれています。

塩瀬

ふさ

京都府に由来する製法により京都府において生産されたふさ。
その用途は広く、祭礼や茶道、伝統芸能、日常生活の
あらゆる場面で利用され、 華やかでありながら荘厳さがあります。
アルバムに使用しているふさは明治30年からの老舗にてつくられています。

ふさ

唐紙

アルバムの表紙に使用している唐紙は明治35年から続く
唐紙専門の老舗から取り寄せています。
からかみは唐紙(とうし)と書きますが、その名の通り中国の唐から
奈良時代に伝わった美しい細工紙のことです。
平安時代に京の都でからかみが生産され始めると、貴族文化に浸透し、
寝殿造りの住居の襖障子にも使われ始めました。
時代が移り変わっても今もなお襖・壁紙などの室内装飾の
伝統工芸品として伝え続けられています。

唐紙

特別な1日を格別なアルバムに