【 Wedding Album ! 】2018年秋婚、2019年春婚に向けて 結婚式アルバムなら京都綴りや

TEL.075-255-0088
11時〜19時(土日祝定休)
  • よくある質問
  • ブログ
メールでのお問い合わせ

ブログ

HOME >  ブログ
【 Wedding Album ! 】2018年秋婚、2019年春婚に向けて
2018年11月19日

 

どうもみなさんこんにちは!

綴りやスタッフM、ついにコタツ出しちゃいました!あとはみかんがあれば言うことなしの引きこもり生活を送れるはず。。。無理か。。。先日もお伝えしましたが、京都は今紅葉真っ只中で通り沿いの銀杏並木も綺麗に色づいております。スタッフMも永観堂の夜のライトアップに行ってきました!こんな感じ↓↓↓↓↓

 

 

 

夜の撮影は難しいいいいい。。。丁度7部咲きくらいでもみじが綺麗にみれました!あと茶屋でのぜんざい休憩ができるのがとても良きでしたね!みなさんもぜひ秋の夜長に紅葉のライトアップご覧なってみてください!

 

さてさて、今回は綴りやの結婚式アルバムが選ばれる理由を3点自慢しちゃいます!w

 

【1、結婚式アルバムの中ではかなりリーズナブル】

結婚式アルバムっていざ作ろうと思ったら高くて手が出せない。かといって結婚式のプランに組み込まれている結婚式アルバムでは満足できない。などなど、お客様によって結婚式アルバムに対する求め方って様々だと思います。綴りやの結婚式アルバムは、決して安いとは言えないものの、こだわり抜いた素材(京唐紙や金箔押し)やデザイン、一冊一冊熟アルバム練者による手作りでこの価格は僕はリーズナブルだと思います。使用している素材は伝統工芸品(京唐紙)として京都に残るものを使っていたり、甲冑や祭事用のふさを専門として作っている宮本ふささんの物を使用していたりと、普段は滅多にお目にかかれない貴重な素材を分けていただいて結婚式アルバムに仕上げています。そんな日本を代表するような貴重な素材と共に結婚式のアルバムが、子供や孫へ親族へと残っていくのって素敵だなぁと思うんですよねぇ。

 

【2、もはや一目惚れのデザイン】

ご注文いただいているお客様の多くは神前式でのお客様が多いのですが、チャペル式のお客様ももちろんおられます。そういったお客様は表紙デザインが気にいってくださった方や、レイアウトデザインに惹かれた方が多いです。綴りやの結婚式アルバムの表紙は『塩瀬』と『唐紙』の二つのシリーズから成ります。『塩瀬』はベロア生地と和柄生地をメインに、金箔と宮本ふさをワンポイントデザインとして組み合わせた和装アルバムです。サイズはA4横長に近いサイズ感で、表紙は厚紙とクッションで分厚く見応えのあるデザインに仕上げております。『唐紙』は同じくベロア生地と「京唐紙丸二」さんの唐紙をメインに、金箔文字を添えて、唐紙は防水加工をほどこして傷つきにくい作りになっております。唐紙そのものの気品を生かしたデザインで、サイズは25cm各のスクエア、厚紙とクッションでハードカバーにしております。

 

 

 

【3、アルバムデザイン熟練者の手による完全オリジナルレイアウト】

綴りやの結婚式アルバムはお写真を受け取ってから完全オリジナルでレイアウトデザインを進めていきます。お客様と事前に打ち合わせしたことを元に、大きく引き伸ばしたメイン写真を中心に、結婚式の記憶が蘇るようなレイアウトデザインに仕上げていきます。また和装アルバムなので、オリジナルでお造りした和柄パターンや、シーンに合わせた背景色の選択により、結婚式の雰囲気をさらに引き立てられるようになっています。このレイアウトデザインは何度でも訂正が可能ですので、一度こちらでお作りしたデザインを元に写真の入れ替えやメイン写真の変更など、お客様が納得いくまで何度でも修正させていただきます。

 

 

 

2018年も残すところごく僅かとなってしまいました。これから結婚式を挙げる方はもちろん、結婚式の写真でアルバムが作りたいと思っている方、ぜひ一度店頭でサンプルアルバムをご覧になってみてください。遠方の方には郵送でお送りすることも可能ですので、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

 

 

 

《《《 インスタグラムも随時更新中!! 》》》

 

 

 

Web : tsuzuriya.com

instgram: tsuzuriya

twitter:@tsuzuriya_kyoto

〒604-0852
京都市中京区夷川通り東洞院通西入ル東九軒町333

TEL:075-255-0088