【こだわりの結婚式アルバムへ】唐紙の様に脈々と 結婚式アルバムなら京都綴りや

TEL.075-255-0088
11時〜19時(土日祝定休)
  • よくある質問
  • ブログ
メールでのお問い合わせ

ブログ

HOME >  ブログ
【こだわりの結婚式アルバムへ】唐紙の様に脈々と
2018年12月26日

 

  

 

京都綴りやの結婚式アルバムは、京都の伝統工芸品である「唐紙」をはじめ、脈々と受け継がれてきた職人の技をふんだんに盛りこんだアルバムとなっております。その中でも「唐紙」という和紙の作り方にはスタッフ一同心を打たれました。なんとこの「唐紙」、紙作りから製版、顔料の調合、刷り作業等、工程のほとんどが手作業で行われています。版のの大きさにも手作業でできる限界があり、柄物ですと継ぎ目がどうしても見えてきたり、顔料のムラで綺麗に刷れなかったりするのですが、そういった手仕事によるムラがほとんどなく、何百年と続いてきた手法の凄みを感じました。かつては襖や壁紙として親しまれてきた「唐紙」。脈々と受け継がれていく伝統といった時代性、縁起物の文様があしらわれているというデザイン性ともに、結婚式アルバムという晴れ舞台にはぴったりなのです。自分自身の結婚式で作ったアルバムが、伝統工芸品の様に長年の時とともに残っていくのってなんだかちょっとロマンありますよねぇ。。。「唐紙」を1枚作るのにすごい手間暇かかるにも関わらず、長年愛され使い続けられてきた(特に京都で)理由って、やっぱりこの辺りのこだわりにある気がします。手間暇かかるから良いとか、時間がかかるから良いものができるのは当たり前で、この「唐紙」は京都の歴史そのもの、職人さんの想いまでもが宿っている気がします。ちょっと言い過ぎた感がありますが、唐紙のこと知れば知っていくほどそう思います。「唐紙」の事をもっと知りたいと思った方はこちらをご覧ください。

 

ご注文頂いてからご入金の確認後、お写真データを受け取ります。お写真データの受け取り方法は、CD、DVDを焼いての郵送、USBメモリーでの受け取り、オンラインストレージを使ってメールでデータをお送りいただくこともできます。レイアウトのデザイン制作はデータが届き次第作業に入ります。 作業時間は7日営業日以内(休業日を除く)でご確認していただけます。レイアウトデザインの変更はお客様の納得いくまで何度でも出来ますので、最後の最後までちょっとした事でもご相談ください。

綴りやではこちらのオンラインショップによるご注文はもちろん、お電話やメールでのご相談もどしどし承っております。2018年春婚や秋婚をされた方はもちろん、記念日に結婚式アルバムを送ろうと考えている方もぜひご相談ください。重ねてご報告ですが綴りやは12月29日〜1月6日までお休み頂きます。今からのご注文ですと年明け納品になってしまうのでご了承くださいませ。。。

 

▶︎▶︎▶︎ご注文はこちらから◀︎◀︎◀︎

 

 

》》》》インスタグラムも随時更新中!!《《《《

 

 

Web : tsuzuriya.com

instgram: tsuzuriya

twitter:@tsuzuriya_kyoto

〒604-0852
京都市中京区夷川通り東洞院通西入ル東九軒町333

TEL:075-255-0088