【和婚におすすめ!】180度開くこだわりの結婚式アルバム 結婚式アルバム和柄なら京都綴りや

TEL.075-255-0088
11時〜19時(土日祝定休)
  • よくある質問
  • ブログ
メールでのお問い合わせ

ブログ

HOME >  ブログ
【和婚におすすめ!】180度開くこだわりの結婚式アルバム
2019年1月8日

 

【こだわりの素材を、こだわりの製法で】

綴りやの結婚式アルバムは、素材にも製本方法にもこだわって、1冊1冊手作りで制作しています。アルバム表紙の素材は、「唐紙」という京都の伝統工芸品である和紙と、布生地に縁起物の和柄を印刷した布素材の二つがあります。「京都丸二」さんの「唐紙」は京都を代表する和紙素材で、高級料亭や客室の壁紙として使われていたりします。その「唐紙」を結婚式アルバムの生地としてデザインされたのが「梅の丸」「七宝」「利休桐」の唐紙シリーズになります。唐紙という和紙でできた表紙ですが、撥水加工を施すことにより湿気や乾燥から強く、文様の美しさも色褪せにくい強度があります。和柄文様でデザインした布生地の「塩瀬」シリーズは、「花藍」「結」「菊水」「綾」の4種類があります。「唐紙」シリーズに比べて、色や柄が豊かでポップな仕上がりです。「塩瀬」シリーズのアルバムは、京都の老舗「宮本ふさ」さん手作りのふさをアルバム表紙に飾ってあります。ふさというのも縁起のいいもので、お二人のこれからの未来を象徴するかのような結婚式アルバムデザインになっています。

「唐紙」シリーズは25cm×25cmのスクエアサイズで、記念碑のような重厚さが特徴です。スクエアサイズですので、縦横どちらの写真もレイアウトしやすく、飽きのこないデザインに仕上がります。「塩瀬」シリーズはA4の横長サイズで、横長の写真を2ページにまたがってレイアウトしたりと、大胆なレイアウトが可能です。「唐紙」シリーズに比べてレイアウトできる写真の枚数が多いのもこの「塩瀬」シリーズの特徴です。

 

【180度開く⁉︎お部屋に飾っておけるアルバムです】

また、製本方法にもこだわっており、綴りやのアルバムは全てのページで180度開くことができる、アルバム製本という製本方法で制作します。この製本方法何がいいのかというと、まず写真を見開きで全部見れるということ。背の部分に写真が入り込まないので、ページをまたいでのレイアウトができるということ。印画紙を紙に貼って製本するので1ページあたりの厚みができ強度が高いということです。アルバムを180度開けるので、インテリアとして家に飾ったり、写真立てに立てかけたりしても魅力的なアイテムとなること間違いなしです。写真の印刷は印画紙を使った銀塩プリントなので紫外線にも強く、安心して飾っておける仕様になっております。

 

 

【両親へのプレゼントにも】

綴りやの結婚式アルバムは1冊1冊手づくりで、2冊目以降は特別増刷価格でお作りできます。2冊目3冊目はご両親へのプレゼントに、お世話になった友人へ送るのも良きですね。「唐紙」「塩瀬」両シリーズともにミニアルバムの制作もできます。レイアウトデザインはそのままに、カバンに入るくらいの大きさでアルバムにできるのがミニアルバムです。このミニアルバムは、どちらかのシリーズをご注文くださった方のみお作りできます。ミニアルバムのみのご注文はできませんのでご了承ください。

 

 

 

▶︎▶︎▶︎ご注文はこちらから◀︎◀︎◀︎

 

 

》》》》インスタグラムも随時更新中!!《《《《

 

 

Web : tsuzuriya.com

instgram: tsuzuriya

twitter:@tsuzuriya_kyoto

〒604-0852
京都市中京区夷川通り東洞院通西入ル東九軒町333

TEL:075-255-0088