【2020年春婚にむけて】西陣織や唐紙表紙のデザインアルバム 結婚式アルバムなら京都綴りや

TEL.075-255-0088
11時〜19時(土日祝定休)
  • よくある質問
  • ブログ
メールでのお問い合わせ

友だち追加
メールでのお問い合わせ 友だち追加

ブログ

HOME >  ブログ
【2020年春婚にむけて】西陣織や唐紙表紙のデザインアルバム
2020年2月1日

 

【地元京都ならではの伝統工芸品を使った和柄アルバムに


綴りやでは、地元京都で脈々と受け継がれてきた伝統工芸品「西陣織」や「唐紙」、着物生地である「塩瀬」をアルバム表紙デザインに使ったオリジナル結婚式アルバムの受注制作を行なっております。「塩瀬」と「唐紙」生地のみの取り扱いでしたが、最近では「西陣織」生地を新たに増やし、生地の組み合わせもお客様自らが選んでいただけるようになりました!上に載ってるアルバムの写真は、全て西陣織の生地によるもので、「塩瀬」や「唐紙」生地よりもさらに煌びやかで豪華な仕上がりになっています。長年地元京都にお店を構え、和素材を使った結婚式アルバム作りに取り組んできたからこそできる試みとなっています。

 

【写真が少なくても美しいレイアウトで仕上げます!】


20ページのアルバムで使用する写真は、だいたい60〜70枚が良いとされていますが、もっと少ない写真枚数でもお作りできます。わざと少ない写真枚数にして、メイン写真が目立つようなすっきりとしたレイアウトでお作りしたいというお客様もおられます。少ない写真枚数でも、レイアウトに強弱をつけたり、和装飾をレイアウトしたりすると最後まで見飽きないアルバムに仕上げることはできます。使える写真が少なくて困っているという方は、美しく見せるやり方はいろいろありますので、ぜひ一度ご相談いただければと思います。逆に多すぎて困る、という方も大歓迎です!

 

【式場に飾るアルバムとしても映えること間違いなしです!


結婚式アルバムは式後お写真が届いてから作るものだと思われる方も多くいらっしゃいますが、前撮り写真のみでお作りし、結婚式当日に受付や式場アイテムとしてご活用いただいているお客様も多くいらっしゃします。前撮り写真は綴りやのアルバムで、結婚式当日のお写真は式場のアルバムでという使い分けもできますね。綴りやの結婚式アルバムは、和素材のハードカバーが目を引くデザインで、組紐や西陣織を使用している、他には無いオリジナリティが魅力だと思います。和の雰囲気で、京都の伝統工芸品を使った結婚式アルバムは、式場でも人目を引くこと間違いなしではないでしょうか。

 

 

▶︎お問合せはこちら◀︎

 

》》》》インスタグラムも随時更新中!!《《《《

Web : tsuzuriya.com

instgram: tsuzuriya

twitter:@tsuzuriya_kyoto

〒604-0852
京都市中京区夷川通り東洞院通西入ル東九軒町333

TEL:075-255-0088